読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりと趣味雑談

多分主にゲームの話になるかと

Quell のお話

今回は雨粒パズルゲーム『Quell』のお話です.今回のセールで3作セットで160円以下という値段と,いつも通り雰囲気に惹かれて購入しました.取りあえず1作目をクリアまでプレイしてみましたが期待通りの雰囲気と面白さでしたよ.言語依存自体は低いですが公式で日本語対応しているのもありがたいですね(Steamページには何故か記載されていませんでしたが).

f:id:ens094:20160704132807j:plain

Quellは雨粒を操作してステージ上に配置されている白いパールを全て収集するパズルゲームです.水滴は一度動かすと何かにぶつかるまで止まらず,イメージとしてはRPGなどで偶にある滑る氷床とかが近い感じなのかな.操作は雨粒をスライドさせるだけのシンプルなものですが,ギミックとしては正面からぶつかると駄目なスパイクや一度だけ通過できるゲート,規定位置にワープするリングなどがあり,後半になるほどパズルとして複雑さが増していきましたね.また各ステージにはノルマ手数(多分最短手)が設定されており,これも達成しようとすると更に考えることが増えます.序盤はパーフェクト達成も楽でしたが,中盤になるとパーフェクト達成のために考えることが増え,終盤になるとクリアすら難しくなってきました.

またパーフェクト達成や実績解除で入手できるヒントコインを消費することで,ステージクリアや隠しジュエルのヒントを見ることができるので,どうしてもクリアできずに詰んでしまうということはないと思います.ただ,どうしても最短手が思いつかなかったステージがあったので試しにヒントを使用してみたのですが,あれはヒントというか完全に答えでしたね….それ以降クリアのためのヒントは自重するようにしました.

 

f:id:ens094:20160704133059j:plain

プレイ時間としては全パーフェクト達成で約5時間,隠し要素のジュエル全収集も含めるとプラス約1時間というところでしたね.後半になってくるとジュエルの位置に見当がついても中々そこへ辿り着けないステージがちらほら出てきて,クリアとはまた違った道筋を考えなければいけませんでした.とは言え手数を抑えなくてもよいので,パーフェクト達成に比べたら楽でしたね.

さて次は同シリーズのQuell Reflectをプレイ,と思いましたが今回のセールで購入したゲームで他に気になっているものがあるので,先にそっちを触ってみようかな.