読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりと趣味雑談

多分主にゲームの話になるかと

真夜中は星づくよ のお話 その2

前回お話した真夜中は星づくよをクリアしましたよってお話ですよ.一応真エンドまでクリアできましたので,残りはまだ作成していない天体を作ってカタログを埋めるのみになりました.実績を見るに流星群やら神やらがあるようですが,この辺りは気が向いた時にやろうかな.何によ一段落が付きました.

f:id:ens094:20160826142759j:plain

クリアまでに要した時間は約5時間でしたね.前回お話したように生成条件が分からないものに対しては種星を適当に設置していって様子を見ていたのですが,後半はとある理由によりそれだけでは厳しくなってきました.理由の一つは「すねぼし」の特性ですね.これはある程度固めて設置しておくと周囲に設置された種星に特殊な進化を促すものなのですが,それを理解する前にあちこちに設置してしまったせいで普通に進化してほしい場所で特殊な進化しかしなくなってしまったのですよ.それを理解してからは置いてしまったすねぼしを消去し,すねぼしに関しては置く場所を選ぶようになったのでなんとかなりましたが.もう一つの理由はゲーム動作ですね.星見盤に設置できる種星の数は恐らく無制限でありそう思ったので沢山の種星を適当に設置していったのですが,途中から気のせいという段階ではなく動作が重くなりました.とは言えタイミング等を求められるゲームではないうえ重いのは星見盤の画面のみでしたので特別問題はありませんでしたし,沢山設置すると重くなってしまうのは当然と言えば当然ですね.重くなりつつも何とか真エンドまで行けて良かったです.

ただカタログの残りを埋めようとするならば,この重い状態だと大変ですし軽くなるまで天体を消去した方がよさそうですね.いっそのこともう一度始めから始めて,偶然に身を任せてではなく狙ってゲームを進めていってもいいかもしれませんね.どちらにせよまた今度になりそうですけど.